読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陰謀論陰謀論
こうなってるのはなんか上の方の力が働いてて、辛い思いをしてる。

VERY妻になりたかった母の死から学んだこと |AM

盛ってる感じがだいぶするが、ひどいくそ親は世の中多くいるので珍しくもない。やっぱだめ理解はするけど好感もてない。もっと真剣な感じで訴えてほしいけどのってるメディアがこういうのだし。

母も祖母が死んでほっとしたと思うしあとは穏やかに暮らしてほしい。

やっぱ生きるべきじゃない現実だなってこういうのを見ると思うんだけど、好きなものがあるからそれが引き止めている理由である。

広告を非表示にする

考えすぎのようだ。なんとか生きていける。
老けて、努力もあきらめて。
何か発言して、主張したとしても、持つ持たざるで、例えば結婚してることで、独身なんだからおまえなんか死ねと言われたら、私はくじけてもう何も言わない。
結婚して子供がいるからといって幸せとは限らない。逆で一人暮らしでもそうだし。どんな環境でも。
生まれたところで持ってるものでどうにか生きるし、死ぬんだよね。
人々は、身を守るために他のことを攻撃したり否定したりする。迷惑だと思うことを避ける。
陰謀論かもだが、一部の階層にその下全てが搾取さらて操作されているような感じ。一部の人間だけが裕福であればいいということで、他は苦しんでいる。
もう自分は誰からも好かれないが、自分が他の何か様々なものを好きになり、それを愛でたり楽しんだりすることが、生きていくための糧である。

広告を非表示にする

14日のライブ行けて良かった。インフル大流行だから行けなくなるかと不安だった。仲間の1人はインフルじゃないけど風邪こじらせて行かれなくなってしまったしで。
ライブの楽しいのが終わって、その他の普段の生活をでは、だいたい1人で考えてるのは生きるのしんどいとか仕事いやだとか帰って寝たいとか。
松さんとかウォッチとか、アニメ楽しいのではまるのに救われているのかもしれない。
世間のニュースはつらいことばかりで、なにもかも諦めてる。世の中良くならない。
陰謀論じゃないけど(笑)マイナンバーとか。
移住とかしないし、このまま崩壊なのかなと思う。
一部の人間だけが裕福でそのほかは搾取されるということだった。
自意識なんて今朝見たアニメの一松みたいに(笑)埋められてる。
美人でなくクリエイティブな才能もなく歳とったら価値がないみたいなので。
死ねばいいんだよね、て思うからわかるけど、病気かかからないことが幸せで、ハードルは下がりに下がっている。まあ死ぬわけにもいかないので、いま楽しめるものを楽しんで。

広告を非表示にする

最近RTのRTかなにかで、生きてくのがしんどいし努力しなきゃ生きてけないのなら生きるのあきらめたい、みたいな趣旨のつぶやきがあった。

女性誌だと、若い子向けだとこれがモテるとか、ヤングママ向けだと赤ちゃんや幼児とパパとこういう素敵ライフスタイルとか記事あるけど。
もっと年齢あがると夫が浮気してあたりまえと思ってるとか家をかえりみないとか、昔からよくある話。
さらにもっと上になると、夫が定年して家にずっといて食事の支度もなにも手伝わないし自分でなにもしない、デイトレしてて妻が外から帰るの遅いと機嫌悪いとかそういうのになってくる。

「専業主夫との結婚」という選択肢 :日本経済新聞
読んであーあのライターかーと。よく出てくる。
だって夫が年収低くても長時間労働というケースもあるはずだよ。妻は出産したら正社員で続けるの難しいしやろうとしてもできなくなっちゃう、親の介護とかはいるケースだってあるだろうし。

俺を養わないかー(笑)カラ松だー。

結婚するにしてもしないにしても、生きる努力はしんどい。
楽しみがないと、どんなことにせよ楽しみを奪われたくない。

結婚しなきゃならないとか、出産しないと人間として劣ってるとかいう観念っていうのは、昔の人間の、老人で資産とか権力とかある人々が自分たちの都合のいいように操作してる社会である。

広告を非表示にする

あさいちでやってるストーカー男とかDV夫とかこわい。つかまらないよう逃げろ。一人で稼げるようにならなければ。ともし娘がいたら教えたいし、娘いないから息子にはクソ男にならないようにしなければ。
政治家とかの世代の老人男の考えはかわらないからあきらめる。何十年かわかんないけど何百年かごには死ぬし。
人口増えようが減ろうがしらない。
話題になってる夫婦別姓とかもそうだし。
(3ページ目)『あさイチ』でイノッチが「夫婦別姓」反対派の主張を一蹴! 安倍首相も日本会議もぐうの音も出ない正論|LITERA/リテラ 本と雑誌の知を再発見

もちろん、安倍首相をはじめとする右派・保守が夫婦同姓に異常なほど執着するのは、全体主義国家への回帰を志向し、家制度、家父長制の復活を望んでいるからだ。国際的にみれば選択的夫婦別姓同性婚といった女性、性的マイノリティの権利や自由を守る方向に進んでいるが、彼らはそれとはまったく逆を向いている。
「女性の活躍」と言いながら、働く女性の利便性を高める選択的夫婦別姓を安倍首相は何が何でも認めないはずだ。

記事にあったこの家制度とか家父長制とかが原因だってこと。そんなのにとらわれてそれがいいと正義だと思い込んでるひとたちがいるから、思い込んでる人もそうじゃない人も沢山の人が苦しんでいる。
苦しまないように自分は逃げる。

広告を非表示にする

そこは、通貨がある。それが価値を交換するもの。
通貨があれば別のものと交換できる。買えるということ。
通貨を稼ぐには、それだけの稼げる能力がないとならない。自分にはこれだけしか稼げない。これでは生活していけない。若いときに無理をしてたときの財産を削っている。底をつくのはそう遠くない。
通貨によって人はおかしくもなる。だからもうおしまいだと思うし、ゆるやかにしぼんでいきなくなる。できれば平穏に健康でいたいと願う。

広告を非表示にする

若い可愛い女性は価値がある。
そうでなければ価値のある、稼げる能力。
その他は価値がない。なくても生きていける。生き残れなかった。きのこれなかった。

広告を非表示にする