読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな事だけやって生きていける方法を考える。もう来年で40だけど

昨日の「のほほん学校」に行けませんでした。平日で仕事で子供のお迎えがあると、そうそう都合が付けられません。
ウッチーがシークレットゲストと後で聞いて、前日のNESSライブも中止になってしまったので、それは行きたかったと残念な思いでした。

さっき、IT系ブログでこういうのを見て気になりました。

セルフブランディグに必要な専門性の見つけ方?:ネットバー:ITmedia オルタナティブ・ブログ


「ソーシャルメディア時代の夢の叶え方」というセミナーイベントがあって、その内容を紹介していました。
夢が見つかる4つの方法|Moving spree!

【自分を見つけるための4つのポイント】

1.子供の頃に許せなかった事を思い出す。

2.嫌いな事、やりたくない事を書き出す。

3.両親の才能に注目する。

4.目の前の事を一生懸命やる。

1、子供の頃に許せなかったこと
気が弱いとか、転校したとかでいじめられた。男子が女子の容姿で差別したとか。
それがやりたい事に結びつくかは難しいですね。
紹介されてる講師の方は、小学校の先生が威圧的だったから、学校を作ろうと思ったそうです。

2、嫌いな事、やりたくないこと
長時間労働、長時間通勤、深夜勤務、徹夜はやりたくない。
私もずっとカジュアルな服装で勤務OKできたので、できればスーツを着たくないですね。
ずっと立ってる仕事も苦手です。ずっと座ってディスプレイ見てる仕事をしてるので、それもしんどいです。適度に動きたいです。

講師の方は、「ルーティンワークはやらない」と決めて、テーマを持って複数の仕事をするスタイルになったそうですが、そうそう出来るものでしょうか?と疑問です。講師の方は元大手出版社だったらしいので、できたのかもしれないですが。
今は会社員でルーティンワークなので、やりたくなくても、やらざるを得ない。
大手出版社の会社員の給料はそうとう高いらしいですが、中小企業にしかつとめた事が無いので、給料は低水準で、何年も上がっていません。むしろボーナスが削られて下がるいっぽう。

結婚、出産しても働き続けたいと思っていた。これは子供の頃から理想にしていたことで、ぎりぎり叶えられています。どうしてかというと、メディアとかでさんざん語られて来た事だとは思うけど、夫1人の収入ではリスクが高いのと、自分の稼ぎを持つことは精神的にも安定するから。
あと家族が仲良く離婚はしないこと(笑)これは大事なので、仕事ばかりで家庭を顧みないのはもってのほかで、家族と過ごす時間を大事にしたいです。

フルタイム会社員だけではないかもしれないけど、会社員だと業務命令が避けられず、極端な例だと海外転勤とかあります。自分はそこまではないけど、会社の引っ越しで通勤時間が延びて、勤務時間変更などで、年々無理をしなければならなくなりました。
これが家族と過ごす時間や、趣味の時間の妨げになっています。

私がやりたいことは、ライブに行くことだけど、行ってばかりだと消費するだけで、全く稼ぎにはなりません。
でも、子供を育てることもちゃんとやりたい事です。フルタイムで働くことで時間に制限があり、今の私にはその手段しかできません。
ブログを書くこともやりたい事です。ライブの感想や、好きな音楽の紹介や、iPhone、Macの事など、もっとじっくりと取り組みたいのですが、今は時間が限られており雑になっていると感じます。

多くの人は、無理してやりたくないルーティンワークをして少々の稼ぎをして、それを好きなことにつぎ込んでいると思うのですが、やりたい事をして稼ぎになっている人も多くいます。
そうなれるのか、なれないのか?

・あと某社の高いソフトを使いたくない(笑)
・社会的に反する仕事はしたくない。

3、両親の才能に注目する。
講師の方は、親が教師だったそうですが、私の場合は父はホテルマンでした。海外にも拠点があり、出世コースは海外勤務だったそうですが、それを避けて定年まで勤めました。母は専業主婦でしたが、私が小学生の時はいくつかパートで働いて、現在は働いていませんが、英会話や絵手紙、カラオケサークルなど地元の仲間と活発に過ごしています。60歳を過ぎてもファッションや美容に熱心です。
自分が受け継いでるかどうか分かりませんが、一人っ子で1人行動に抵抗が無いので、ライブを通じて人と知り合ったり、話をしたりするのが進んでできることかもしれません。

4、目の前の事を一生懸命やる。
フルタイム仕事と子育てと、こなすのにいっぱいいっぱいですね。
好きなバンドのライブスケジュールが発表されたら、チケット発売をチェックして、行くまでの努力は惜しみません(笑)遠征の交通手配とか、ライブ前に寄りたい飲食店とか、計画を立てるのは得意かも。
講師の方は、それが縁に繋がるとか、チャンスになると言っているそうですが、どうでしょうか?


自己啓発セミナーとか書籍とかは、真正面から興味はないけど(笑)
斜め読みしたり、参考にする程度で。

紹介されたこの講師の方は、80年生まれで若くて独身だけど。
プロフィール|Moving spree!

一時期話題になった「カツマー」まだ有名になりだした頃は、働くママに憧れて参考になったけど、その後あまり興味がなくなった。世代が私よりバブル組でしたね。
同世代の女性社長など話題になったけど、やはりどこも離婚してたりするので、あまり手本にはしたくない(苦笑)

あと1年で40代に突入します。
オーケンみたいに、なにごとも面白がる姿勢を見習いたいです。
私が動くきっかけになっていること、パワーになってることは何でも筋少関連から来ているので(笑)

大槻ケンヂプロフィール 講演依頼.com|講演会の講師紹介

「好きな事だけやって生きて行こうよ」

広告を非表示にする