MacOS InDesignCC 同人小説手順メモ

昨年から同人誌作るためにInDesign使うのに復帰して、4冊ほど出しました。
(過去の会社員時代にInDesignトレーナーみたいな仕事をしてたので、バージョン1の頃から使ってた。CS5かそこらで退職してブランクがあった。放棄したDTPエキスパートの知識がこんなところで復活)
原稿テキスト作成に時間かかってしまうので、いざページ作成しようとすると、手順を忘れるのでメモ。
ネットで調べると情報が古すぎたりする。ただ自分の作成方法がベストなのかどうかも分かりません。商業書籍のプロではないので。
基本自分のためのメモなので、個別のお問い合わせは受け付けません。

■A5サイズ二段組

*新規ドキュメント
開始ページ番号3
見開き、裁ち落とし3mm
縦組み右開き

*レイアウトグリッド
ここで版面設計をする。
f:id:king-show-chan:20170611095208p:plain
2017.11改 1行減らしてのどを広げた
f:id:king-show-chan:20171128090240p:plain

*マスターページ作成
Aマスターを表示
レイアウトグリッドグリッドに沿って、縦組みグリッドツールでテキスト枠作成
オブジェクトメニュー→フレームグリッド設定
レイアウトグリッドで決めた設定と同じフォント、数値に変更
見開きの片方にコピーペーストしてグリッドにあわせる
右ページのフレームグリッドから、左ページのフレームグリッドへリンクさせる。(右ページのアウトポートをクリックして、左ページをクリック)

*ノンブル、柱作成
テキストフレームを作成、位置を決める(パレットで数値入力)
ノンブル(書式メニュー→特殊文字→マーカー→現在のページ番号)左ページは左揃え、右ページは右揃え 7pt
柱(章タイトル入力)8pt
フォントは好みで

*テキスト流し込み
先頭ページに戻る
ファイル→配置
テキストエディットで保存したベタ打ちテキストを選択
シフトキーを押しながら先頭ページをクリック
ページが自動的に追加される
1章分

*マスターページ複製
ページパレットメニューから「Aマスターの情報」でマスター名を変更(例:マスター1章)
Aマスターを複製してBマスターを作成
Bマスター名を変更(例:マスター章なし)
マスターの柱を削除してノンブルだけにする。
ページパレットのページ追加から、先頭ページにBマスターのページ追加
扉、目次、注意書き・まえがき→先頭
あとがき、告知、奥付→最後
2章以降のマスターをAマスターを複製してマスター名変更(マスター2章)、柱の章タイトルを変更
テキスト流し込み2章分以降繰り返し
新規ページ、マスター2章を2ページ追加、テキスト流し込み
総ページ数を決める。

*文字組設定(段落スタイル)
新規段落スタイルを作成「本文」など名前をつける
フォント、サイズはレイアウトグリッドで決めたのと同じ
日本語文字組版
「行末受け約物半角・段落一字下げ(起こし食い込み)」
「弱い禁則」他はデフォルト
縦組み中の欧文回転はチェックしない
ぶら下がり「標準」
自動縦中横設定「2桁まで」欧文はチェックしない。これにより「10」など2桁の数字は自動で縦中横になる。
英語タイトルなどの文章は横のまま。1桁の数字、単語の英字は全角入力。

参考:縦組組版ルール
www.editor.co.jp
持ってたはずなんだけど会社員やめるときに処分してしまった。捨てなきゃよかった。
小説・文章を書くときのルール:初心者編 | 同人誌をつくる
小説の書き方 文章作法 数字・かっこ・記号 使い方 - Yahoo!知恵袋

*手動で縦組み用に整形
・感嘆符は全角で入力。入れた次は1文字開ける。これは手動なのでテキスト作成時に入れる。iPhoneでは半角スペースしか入らないので「 *」という単語で辞書登録。

※二倍ダーシがフォントと字形によってずれる、くっつかない問題
参考サイト:その二倍ダーシ、くっつきますか?
InDesignで組む2倍ダーシ - なんでやねんDTP
作成時にiPhoneのメモを使っているので、二倍ダーシ入力時に欧文入力モードでハイフンを長押しして全角ダーシを2つ入れるんだけど、これをInDesignに流し込むと字形がUnicode2014(EM DASH)になります。
ヒラギノ明朝だとセンターから若干ずれる。小塚明朝だともっとずれる。
そこで字形をUnicode2015(HORIZONTAL BAR)にすると、小塚明朝だとセンターになるのでいいかと思ったら、ヒラギノ明朝だと2つのダーシの間にスキマができてしまう。
今後はヒラギノ明朝は使わずに、くっついてセンターになる字形とフォントを選ぶ。小塚明朝、リュウミンL-KLは2015に置き換えする。源ノ明朝は2014のままでOK
「検索と置換え」機能で、検索画面だしたままで本文内の字形を検索と置換え枠にコピペできる。「次を検索」してから、「すべて置換え」で自動で置きかわる。

・ルビふり 必要な箇所だけ。文字パレットのメニューから。グループルビ
・縦組みの引用符(ダブルミュート)の変換
No.14 縦組み用の引用符を使用 | InDesign CC | 勉強部屋 | study-room
iPhoneでテキスト入力するときは半角の""になっているのを、縦組み引用符に手動で置き換え。もっと楽な方法があるかもしれない。手動で字形パレットから置き換えている。
・二重感嘆符の処理
「!!」は、テキスト入力時に半角で!!と入れたところを1つ消して1つ選んで文字種変換で!!にする。横向きになるのでさらに「縦組み中の文字回転」
「!?」は、両方選んで「縦中横設定」
※通常二重までで、それ以上重ねない。横組みのテキストWeb小説などでは「!!!!!」みたく連続して使われるが、書籍小説の縦組みでは通常使われない。自分はラノベ読まないのでそちらはどうか知らないが、一般の組版ルールではこうなってる。

*章見出し、扉、目次、奥付ページ作成
同人誌印刷所は全ページノンブルが必須のところがほとんど。
柱なしのマスターからページ追加する。
手動でフォントとサイズを決める。

*PDF書き出し、公正
入稿する印刷所のルールに従って書き出し。
PDFを開いて間違いないかチェック。
本来ならプリントした用紙を見た方がベストではある。印刷しないと気づかないミスがあるので。しかし自分はそこまで費用をかけられないので省く。

InDesignの作業は以上。
総ページ数が決まったら印刷する本文用紙の厚みを印刷所サイトで調べて、表紙の背幅を決めてから表紙をイラストレーターとフォトショップで作成する。

広告を非表示にする